ご質問がありましたので。

よろしければランキングクリックお願いします^^
にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ banner2.gif
トラップ運用EAのソース.更新日2016/03/08です。
書籍で紹介したソースのコンパイルやEA起動の仕方。
くるくるワイドを行なうにあたり、私のお勧め口座です。
書籍の誤り、補足説明、Q&Aになります。更新日2017/08/17

みなさま、本日もご訪問ありがとうございます^^

今回はけいさんとしまさんのコメントに対する返信回です。

>ヘッジが稼働していない時に、接近戦(目安を近づける)
ことを最近やられてないのは、何か理由があるのでしょうか。

行ってるようには見えないですか?
自分としては今回は最初から接近戦を行っているつもりなんです。

本来なら最初は116(119)円、126円、160円の目安で複利を行うべきところを116円と119円の2つの複利で行っています。
最初から大分近くないですか?
これは126円高値から99円まで落ち、その約3分2戻しの118円で上値が止まり落ち、そこそこ上値が重いかな?上値を抜けるとしてもその間に大分仮想建値を上げられるかな?と判断しての仕切り直し時からの接近戦です。
なので108円から115円の間でしばらく動いていましたので結構複利ロングが建ちました。
これを114円でヘッジが塩漬けになったからと言って115円目安の超接近戦にするかと言うと…
111円時、115円なら8000円の利益で2本の複利…
111円時、116円と119円なら13000円の利益で2本の複利…
このくらいの差でしたら最初の裁量判断を加味し近付けなくとも構わないかなとの判断でした。
ですが実際は115円に到達する事無く下落したので超接近戦を行っていた方が良かったですね。
攻めより安心感を重視したせいで少し儲けそこなった結果となりました。

そして最初の目安のひとつである108円固定目安も破られましたし、そろそろ接近戦の目安も変更しても良いかなと自分でも思っています。
なので複利目安を一本化し115円目安に変更です。
その代りヘッジ2にも積極的に回して行く予定です。
そして固定目安は破られましたので105円に変更ですね。


>裁量部分ものせると、裁量がうまいから勝ててると指摘があったり、
記事掲載タイミングで目安等の後出しになったり
再現性を持たせながらのくるくるワイドはメリットをあまり活かせず
なかなか難しいですね^^;;
もし、可能でしたら、魚屋さんの全ての裁量を含めた結果も大変参考になると思いますので知りたいです。

前回XMの出金画像を載せただけで大分強めのコメントを載せてくる方もいましたからね^^;;
以前はポジションを取ったタイミングでポジションの開示もしていたのですが、アマゾンのレビューなども良い方は良いのですが、酷いレビューもあり…
そう言う酷いレビューとかって私自身より家族の方がより重く感じちゃうんですよね。
それがブログの更新頻度とかにかかわって来てリアルタイムでのポジション開示も難しくなってきました。
裁量も含めた結果となると昨年はXMのポイント分を攻めたのもありますので2.4倍になりました。


>本体の1/2でトラップ、残った半分でデイトレ4回目安、デイトレ分は塩漬けでもOKとありますが、本体7万通貨ならトラップが3.5万通貨、デイトレも3.5万通貨ですが、くるくる始めて早々にデイトレ分3.5万通貨が捕まって塩漬けになってしまった場合、それが解消するまではそれ以降デイトレはできないのでしょうか?

塩漬け中は含み損も増えませんので無理にデイトレもする必要性は低いので出来なくとも良いとは思っています。
但しデイトレをする方法はあります。
先消し、ピンポン、出口目安を近付けるなどですね。
利益を確保しつつ複利分を逆方向にデイトレ出来る先消し。
それで物足りないなら利益が無くなる可能性もあるけど複利分をそれを建てた利益ごと逆方向にトレードするピンポン。
7円上予定の出口を今日の予想地点まで接近させれば多少含み益が多くなるでしょうから、その含み益分だけを使ったデイトレ。
なんて感じですかね。
それだと中々複利が貯まらずデイトレ出来ない?
そんな時の為の接近戦ですね。
塩漬け位置のすぐ後ろまで目安を近付ければ複利の建つ速さはかなりのものとなります。
私もこれを使い、初期分が塩漬けになったら複利の半分を先消しに回し10銭抜きを行いヘッジ2と称しています。
目安を近付けすぎるのも怖いとの意見もあるでしょうが、その分ヘッジ2を回転させれば目安が破られた時もそこそこのヘッジ益は発生している事でしょう。
逆にそのヘッジ2で建てた固定が無くなる時も高速で建てられた複利が補ってくれるでしょう。
…しかし、これは全てに強いやり方と言う訳でもなく、抜けるタイミングによれば利益を減らす事もあります。
どちらに抜けそうか?レンジは長そうか?ヘッジを少し強化しようか?などを加味し強弱をつけて、ヘッジに回すのを複利の半分にしたり全部にしたりと強弱を付けられればより強いトレード手法となるのではないでしょうか。

是非、ヘッジが捕まった時は接近戦+先消しとか考えて見て下さい。
もちろん平時にも先消しで逆方向への利益のバランスを取る事も大事ですよ。

私のメイン運用環境
お名前.com【デスクトップクラウド】

お勧め条件 
XM(トラップ部分) ボーナス100%、10通貨単位(マイクロ口座)、少額で始める場合向き
SBIFX(ヘッジ、本体部分) 1通貨単位から運用可能で業界最狭クラスのスプレッド
お名前.com 設定が簡単 2週間無料お試し有り 24ヶ月払い月1781円~(一ヶ月払い2061円~)

次刷での修正予定

文字色『FXくるくるワイド投資術』正誤表
(次刷以降で訂正予定)

2017年8月17日改訂


P26
■下から3行目
(誤)・[ リスク対策3]逆行時の状態を解消するため建値を運用開始時にまで戻す(105ページ)

(正)■PART3
・[ リスク対策3]逆行時の状態を解消するため建値を運用開始時にまで戻す(105ページ)


P27
■下から3行目
(誤)【本書での解説】
■Part 2

(正)【本書での解説】
Part 3


P32
■下から3行目
(誤)・100万円÷28万4600円=3.5万

(正)・100万円÷28万4600円/1万通貨=3.5万通貨


P36
■1行目
(誤) 5 1000通貨なので500円の確定益が発生

(正) 5 1000通貨なので500円の確定益が発生。同時に100.5円で1000通貨の新規注文が入る


P38
■図1-7
(誤)総計245,000

(正)総計241,500


P41
■11行目
(誤)・9000通貨なら4回

(正)・9000通貨なら7回


P49
■3行目
(誤)【法則9】建値と想定レート(トラップの仕掛け幅)を下がった分だけ移動させる

(正)【法則9】建値と想定レート(トラップの仕掛け幅)を下がった分だけ移動させる


P50
■下から4行目
(誤)・7円÷2(平均化)×7万通貨=24.5万円

(正)出口時のトラップ含み損:7円÷2(平均化)×7万通貨=24.5万円


P51
■下から1行目
(誤)・反発したところ(下がりきった位置)から線対称の位置にあるレートが出口になる(本体益とトラップ益が相殺されて±0になる)

(正)・反発したところ(下がりきった位置)から建値を中心として線対称の位置にあるレートが出口になる(本体益とトラップが相殺されて±0になる)


P52
■5行目
(誤) 3 本体:建値100円→110円出口10円( 値幅) ×7万通貨=70万円

(正) 3 本体:建値100円→110円出口
   出口時の本体利益10円( 値幅) ×7万通貨=70万円

■11行目
(誤)・20円÷2(平均化)×7万通貨=70万円

(正)出口時のトラップ含み損:20円÷2(平均化)×7万通貨=70万円

■16行目
(誤)※トラップ幅の出し方:28.5銭(20円÷7万通貨)

(正)※トラップ幅の出し方:20円÷7万通貨=28.5銭

■図2-2
(追記)
110円に「出口」
108円に「当初出口=107円」
(削除)
104円の「出口=104円」


P59
■下から5行目
(誤) 1枚あたり100万-75万=25万円負ける可能性があるので、それに耐えられるためには200万円÷25万=8なので、最大8枚まで運用できることになります。

(正) 1万通貨あたり100万円-75万=25万円負ける可能性があるので、それに耐えられるためには200万円÷25万=8なので、資金200万円で最大8万通貨まで運用できることになります。


P60
■図2-4
(誤)先進国入りしてからのチャートで判断。

(正)最安値・最高値の目安は1990年以降のチャートで判断。


P63
■下から6行目
(誤) 5万円の損失なので、4万通貨の本体がもてます。

(正) 5万円の損失なので、許容リスク上は20万円÷5円で4万通貨の本体がもてます(証拠金は別に用意します)


P67
■6行目
(誤)【法則16】複利の呼び方は?
・ ショートのときに建てる複利=複利ショート

(正)・本体がショートのときに建てる複利=複利ショート


P69
■13行目~
(誤)■5日目(レート100円)
・トラップ益:1万8000円(3600円×5日)→各複利に6000円ずつ割り振る

(正)・トラップ益:1万8000円(3600円×5日)→各複利に前回からの増加分を4800円ずつ割り振る

(誤)・攻撃的複利:95円ストップなので複利ロング1本:余り1000円
→5000円のトラップ益(100円-95円×1000通貨)で複利ロング1本を建てることができた

(正)→5000円のトラップ益(100円-95円)×1000通貨で複利ロング1本を建てることができた

■10日目(レート100円)
(誤)・トラップ益:3万6000円(前回比1万8000円)→各複利に6000円ずつ割り振る

(正)・トラップ益:3万6000円(前回比1万8000円)→各複利に前回からの増加分を6000円ずつ割り振る

(誤)・攻撃的複利:95円ストップなので複利ロング2本:余り2000円→10000円のトラップ益(100円-95円×1000通貨)で複利ロング2本を建てることができた

(正)・ 攻撃的複利:95円ストップなので複利ロング2本:余り2000円→5000円のトラップ益(100円-95円)×1000通貨で複利ロング1本を建てることができ、5日目に建てた分とあわせて2本となった


P70
■1行目~
(誤)・ 現実的複利:93円ストップなので複利ロング1本:余り5000円→7000円のトラップ益(100円-93円×1000通貨)で複利ロング1本を建てることができた

(正)・ 現実的複利:93円ストップなので複利ロング1本:余り5000円→7000円のトラップ益(100円-93円)×1000通貨で複利ロング1本を建てることができた

■20日目
(誤)・ 攻撃的複利:95円ストップなので複利ロング3本:余り6000円→10日目以降レートが上がったので8000円のトラップ益(103円-95円×1000通貨)で複利ロング1本を建てることができた

(正)・ 攻撃的複利:95円ストップなので複利ロング3本:余り6000円→10日目以降レートが上がったので8000円のトラップ益(103円-95円×)1000通貨で複利ロング1本を建てることができた

(誤)・ 現実的複利:93円ストップなので複利ロング2本:余り1000円→10日目以降レートが上がったので10000円のトラップ益(103円-93円×1000通貨)で複利ロング1本を建てることができた

(正)・ 現実的複利:93円ストップなので複利ロング2本:余り1000円→10日目以降レートが上がったので10000円のトラップ益(103円-93円)×1000通貨で複利ロング1本を建てることができた


■31日目
(誤)・攻撃的複利:95円でストップなので複利ロング12本:余り1200円→20日目以降レートが下がったので2000円のトラップ益(97円-95円×1000通貨)で複利ロング1本を建てることができた

(正)・攻撃的複利:95円でストップなので複利ロング12本:余り1200円→20日目以降レートが下がったので2000円のトラップ益(97円-95円)×1000通貨で複利ロング1本(今回計9本)を建てることができた

(誤)・現実的複利:93円でストップなので複利ロング5本:余り200円→20日目以降レートが下がったので4000円のトラップ益(97円-93円×1000通貨)で複利ロング1本を建てることができた

(正)・現実的複利:93円でストップなので複利ロング5本:余り200円→20日目以降レートが下がったので4000円のトラップ益{(97円-93円)×1000通貨}で複利ロング1本(今回計5本)を建てることができた

P71
■1行目~
(誤)・非現実的複利:75円時ストップで1000通貨ロング:余り1万5200円→20日目以降レートが下がったので2万2000円のトラップ益(97円-75円×1000通貨)で複利ロング1本を建てることができた

(正)・非現実的複利:75円でストップなので複利ロング1本:余り1万5200円→20日目以降レートが下がったので2万2000円のトラップ益(97円-75円)×1000通貨で複利ロング1本を建てることができた

(誤)■図2-8 1日~ 31日目の各攻撃的複利のポジションの推移

(正)■図2-8 1日~ 31日目の各攻撃的複利のポジションの推移

(誤) 31日目では複利の合計が1万8000通貨になります。このまま上昇して出口(107円)に達したとき13万2000円の含み益が発生し、トラップ益のみで運用した場合と比較して約218%の利益となります。

(正) 31日目では複利の合計が2万通貨20本)になります。このまま上昇して出口(107円)に達したとき19万5600円の含み益が発生し、トラップ益のみで運用した場合と比較して約175%の利益となります。

■トラップ益のみと比較して218%の利益
(誤)
・95円目安の利益:107円-95円×1万2000通貨=14万4000円+余り1200円=14万5200円
・93円目安の利益:107円-93円×5000通貨=7万円+余り2200円=7万2200円
・75円目安の利益:107円-75円×1000通貨=3万2000円+余り1万5200円=4万7200円
   ↓
・3つの複利の総利益:14万5200円+5万1200円+4万7200円=26万3600円
・トラップ益のみの場合の利益:3600円×31日=11万1600円

(正)
100円で建てた3本の利益が7円✕3本=2万1000円
103円で建てた2本の利益が4円✕2本=8000円
97円で建てた15本の利益が10円✕15本=15万円
   ↓
・3つの複利の総利益:2万1000円+8000円+15万円=19万5600円


P72
■1行目~
(誤)・ 26万3600円÷11万1600円=2.18倍

19万5600円÷11万1600円=1.75倍


(誤)図2-9 1日目で攻撃的複利が切られてからのポジションの推移

(正)図2-9 1日目で攻撃的複利がストップになってからのポジションの推移

(誤)また、非現実的複利のみで31日目まで運用した場合、以下のようになります。

(正)また、同じ95円のレートで非現実的複利のみで31日目まで運用した場合、以下のようになります。


P74
(誤)■図2-11 積極運用する場合の複利の考え方の目安(現レートが120円の場合)

(正)■図2-11 積極運用する場合の複利の考え方の目安(本体ショート、現レートが120円の場合)

(誤)慎重な運用をすることもできます(攻撃的複利93円目安、現実的複利85円目安、非現実的複利75円目安など)。

(正)慎重な運用をすることもできます(現レートが100円の場合に、攻撃的複利93円目安、現実的複利85円目安、非現実的複利75円目安など)。


P77
■図2-12
(誤) 2 93.5円までカバーできる

2 95円までカバーできる


P79
■図2-13(修正)
①の矢印の先は106円まで
※レートが98円に下がったら基本型②により想定レートと出口が2円下がるため
トラップの矢印の上2つはカット
108円の位置に「当初の出口」
106円の位置に「レートが98円に下がって変更した出口」
104円の「出口」はカット
96円の太い線は細い線にする

■9行目
(誤)それが91円で反発し、そのときの出口が線対称の109円だったとすれば、出口到達時には複利1本19000円(含み益+建てたときの必要トラップ益)の利益となります。

(正)それが91円で反発し、そのときの出口が建値100円を中心とした線対称の109円だったとすれば、出口到達時には複利1本18000円{(109円-91円)✕1000通貨}の利益となります。


P80
■4行目
(誤) 2 91円で反発し出口を109円とした場合。出口時に複利1本19000円(含み益+建てたときの必要トラップ益)の利益が発生

(正) 2 91円で反発し出口を109円とした場合、出口時に複利1本18000円{(109円-91円)✕1000通貨}の利益が発生

■図2-14
(誤)2 複利1本1万9000円

(正) 2 複利1本1万8000円


P95
■図3-5
(誤)レート①101円 ②103.5円→出口107円

(正)レート③102円 ④103.5円→出口107円

■4行目
(誤)③トレード損1: -24.5万円(49万-24.5万)

(正)削除

■7行目
(誤)4 ヘッジトレード量

(正) 3 ヘッジトレード量

■16行目
(誤)⑤本体益とトラップ益の差益がない場合

(正)⑤本体益とトラップの差益がない場合

■17行目
(誤)本体益とトラップ益の差益がないとき

(正)本体益とトラップの差益がないとき

■24行目
(誤)本体益とトラップ益の差益が

(正)本体益とトラップの差益が


P96
■図3-6
(正)②の矢印の下はナシにする


P98
■4行目
(誤)逆方方向に

(正)逆方向に

P100
■8行目
(誤)103.5円が固定ポジションの目安です。103.5円に到達したら固定ポジションはストップで切られてしまうので、

(正) 103.5円が固定ポジションのストップの目安です。103.5円に到達したら固定ポジションはストップで切られてしまうので、


P101
■2行目~5行目
(誤)
2 100円時は3500円の利益で1000通貨
3 101円時は2500円の利益で1000通貨
4 102円時は1500円の利益で1000通貨
5 103円時は500円の利益で1000通貨

(正)
2 100円時は3500円の利益で1000通貨の固定ポジションを建てる
3 101円時は2500円の利益で1000通貨の固定ポジションを建てる
4 102円時は1500円の利益で1000通貨の固定ポジションを建てる
5 103円時は500円の利益で1000通貨の固定ポジションを建てる


P102
■6行目
(誤)本体益>トラップ損+トレード損
  ※プラスして複利も乗っている

(正)本体益+複利ポジション益>トラップ損+トレード損
  ※プラスして複利も乗っている


P103
■8行目
(誤)これを7万通貨すべてが

(正)これを固定ポジションの7万通貨すべてが


P106
■10行目
(誤)
距離×固定ポジションの本数分の利益が発生します(99円時に10本を決済した場合:99円-103.5円×1万通貨=4万5000円)。これを仮想建値に使用していきます。その合計が7万円ならば100円で建てたポジションを99円で建てたことに、合計14万円ならば98円で建てたことになるのです。

(正)
距離×固定ポジションの本数分の利益が発生します(99円時に建値103.5円で建てた10本を決済した場合:(99円-103.5円)×1万通貨=4万5000円)。これを仮想建値に使用していきます。その合計が7万円ならば100円で建てた本体のポジションを99円で建てたことに、合計14万円ならば98円で建てたことになるのです。
※P110、1段落目の説明では「決済レート-目安」ではなく「決済レート-建値」で固定ポジションの含み益を計算し、仮想建値化して利用しているため


P107
■4行目
(誤)
3 さらに7万円の利益で(合計14万円)98円で建てたことに
4 さらに7万円の利益で(合計21万円)97円で建てたことに

(正)
3 さらに7万円(合計14万円)の利益で98円で建てたことに
4 さらに7万円(合計21万円)の利益で97円で建てたことに


P111
■6行目
(誤)・4.66万通貨=7万円(ヘッジトレード益)÷103.5円(固定ポジション目安)-102円(固定ポジション平均レート)

(正)・4.66万通貨=7万円(ヘッジトレード益)÷103.5円(固定ポジション目安)-102円(固定ポジション平均レート)


P112
■3行目
(誤)・3万通貨=4.6万円(利益)÷103.5円(固定ポジション目安)-102円(固定ポジション平均レート)

(正)・3万通貨=4.6万円(利益)÷103.5円(固定ポジション目安)-102円(固定ポジション平均レート)


P122
■6行目
(誤)ドテンからはじめます。

(正)本体とは逆方向からはじめます。


P123
■下から3行目
(誤)1戦目では先ほど算出した

(正)1戦目ではで算出した


P124
■12行目~
(誤)2 2戦目:1万通貨をレンジ端の目安2円(100円-98円)で割り、0.5万通貨のロングを建てる→101円で2戦目成功(+0.5万円の利益、合計1万円)
(誤)3 3戦目:利益1万円をレンジ端の目安1円(102円-101円)で割り、1万通貨のショートを建てる→100円で3戦目成功(+1万円、合計2万円)
(誤)4 4戦目:利益2万円をレンジ端の目安2円(100円-98円)で割り、1万通貨のショートを建てる→101円で4戦目成功(+1万円、合計3万円)

(正) 2 2戦目:1万通貨をレンジ端の目安2円(100円-98円)で割り、0.5万通貨のロングを建てる→101円で2戦目成功(+0.5万円の利益、合計1.5万円)
(正) 3 3戦目:利益1.5万円をレンジ端の目安1円(102円-101円)で割り、1.5万通貨のショートを建てる→100円で3戦目成功(+1.5万円、合計3万円)
(正) 4 4戦目:利益3万円をレンジ端の目安2円(100円-98円)で割り、1.5万通貨のショートを建てる→101円で4戦目成功(+1.5万円、合計4.5万円)


P125
■8行目
(誤)1.5通貨ではじめます。

(正)1.5通貨ではじめます。


P126
■図4-1
(正) 96円の「目安」はカット
(正)102円と98円に「目安」


P127
■3行目
(誤)・1戦目:126円(目安)-120円(現レート)で6万円を使用。6万円を現レートと出口までの目安差(120円-114円)で割り、1万通貨をドテン。

(正)・1戦目:126円(目安)-120円(現レート)✕1万通貨で6万円を使用。6万円を現レートと出口までの目安差(120円-114円)で割り、1万通貨をドテン(ロング)

■13行目
(誤)3戦目:2戦目までの利益1万円を

(正) 3戦目:1戦目までの利益1万円を

■18行目
(誤)4戦目:3戦目までの利益2万円を

(正)4戦目:2戦目までの利益2万円を

■下から2行目
(誤)・5戦目:4戦目までの利益2.5万円を

(正)・5戦目:3戦目までの利益2.5万円を


P128
■1行目
(誤)・成功:121円で決済、+1.25万円、計6.75万円の利益。

(正)・成功:121円で決済、+1.25万円、計5.75万円の利益。

■4行目~
(誤)
・6戦目:5戦目までの利益4.5万円をレンジ端の目安1円(122円-121円)で割り4.5万通貨のドテン。
・成功:121円で決済、+4.5万円、計11.25万円の利益。

(正)
・6戦目:4戦目までの利益4.5万円をレンジ端の目安1円(122円-121円)で割り4.5万通貨のドテン。
・成功:121円で決済、+4.5万円、計10.25万円の利益。

■図4-2
(誤)5戦目 6.75万円利益

(正)5戦目 5.75万円利益

(誤)6戦目 11.25万円利益 ← 4.5万円ドテン

(正)6戦目 10.25万円利益 ← 4.5万通貨ドテン


P132
■3行目
(誤)いくら出口がセオリーとはいえ、

(正)いくら出口での全決済がセオリーとはいえ、


P133
■5行目
(誤)ポジションがなくなるので、ノーリスクになります。

(正)ポジションがなくなるので、下落に対してはノーリスクになります。
  ※トラップが残っているので上昇リスクはあるため

P134
■7行目
(誤)ロング側のポジションがないのでリスクがない状態です。

(正)ロング側のポジションがないので下落に対してはリスクがない状態です。

■10行目
(誤)103円では建値3円分、本体が下がったことになります。

(正)103円では建値3円分、決済値から本体が下がったことになります。

■下から8行目
(誤)2 ここで全ポジションを先消し

(正)2 ここで全ロングポジションを先消し

■下から4行目
(誤)4 103円で本体復活 → 本体の建値が3円下がった

(正)4 103円で本体復活 → 本体の建値が決済値から3円下がった


P135
■8行目
(誤)104円、103円、102円と復活させていくという考え方です。

(正)104円、103円、102円と分けて復活させていくという考え方です。


P137
■図4-7の左
(正)104円の「②先消し」を106円に移動


P150
■3行目
(誤)5銭幅50銭利食いで

(正)5銭幅トラップ50銭利食いで

■下から2行目
(誤)最初に紹介した245万円の半分以下なのです(136円-121円×7=105万円)。

(正)最初に紹介した245万円の半分以下なのです(136円-121円×7=105万円)。


P155
■10行目
(誤)・非攻撃的複利

(正)・非現実的複利

■13行目
(誤)■9日目(合計:1万8000円)

(正)■9日目(トラップ益合計: 1万8000円)

■16行目
(誤)■24日目(合計:4万8000円)

(正)■24日目(トラップ益合計:4万8000円)

■19行目
(誤)■60日目(合計:12万円)
  ・ 旧目安:攻撃的複利126円目安7本

(正)■60日目(トラップ益合計:12万円)
  ・ 旧目安:攻撃的複利126円目安6


P156
■図4-12内
(誤)1 121.6円リミットのヘッジトレードが約定しない

(正)1 121.5円リミットのヘッジトレードが約定しない
  ※P154本文とあわせる


P169
■9行目
(誤)仮にレートごとの見込み額が116円(120万円)、118円(110万円)、122円(90万円)、126円(70万円)とします。

(正)仮にレートごとの見込み額が116円時に(120万円)、118円時に(110万円)、122円時に(90万円)、126円時に(70万円)とします。


P181
■5行目
(誤)固定ポジションの目安を143円から、固定目安までを

(正)固定ポジションの目安を143円の固定目安までを


P185
■13行目
(誤)
運用結果(合計76.5万円)
・トラップ益+複利ポジション益
 144万円=トラップ益13.4万円+複利益130.6万円
・本体含み益
 85.419万円=(146.213円-134円)×7万通貨
・仮想建値分
 19.649万円=(149.02円-146.213円)×7万通貨
・トラップ含み損
 -128万円=(150円-134円)÷2×16万通貨
・ヘッジトレード含み損
 -44.64万円=(148.88円-134円)×3万通貨

(正)
運用結果(合計76.5万円)
・トラップ益+複利ポジション益
 144万円=トラップ益13.4万円+複利益130.6万円
・本体含み益
 85.491万円=(146.213円-134円)×7万通貨
・仮想建値分
 19.649万円=(149.02円-146.213円)×7万通貨
・トラップ含み損
 -128万円=(134円150円)÷2×16万通貨
・ヘッジトレード含み損
 -44.64万円=(134円148.88円)×3万通貨


P186
■図B
(誤)16(※左端)

(正)17

(誤)17

(正)18

(誤)18

(正)19


P187
■2行目~
(誤)しかし、実際は⓰、⓱、⓲の期間しか動いておらず、運用期間の3割未満の稼働日数です。さらに動いた期間中の平均約定回数は3回を切りましたが、この逆行相場を乗り切っています。⓯まで運用は続けましたが、実際には⓭の時点でも利益は先行しています。

(正)しかし、実際は、⓱、⓲、の期間しか動いておらず、運用期間の3割未満の稼働日数です。さらに動いた期間中の平均約定回数は3回を切りましたが、この逆行相場を乗り切っています。まで運用は続けましたが、実際には⓭の時点でも利益は先行しています。


P188
■4行目
(誤)❶から数えて14営業日で10銭利食い3.5万通貨のヘッジトレードが39回成功しました(3.5万×39回=13万6500円)。

(正)❶から数えて14営業日で10銭利食い3.5万通貨のヘッジトレードが39回成功しました(3.5万×39回×0.1(10銭)=13万6500円)。


P192
■12行目
(誤)・3万円=(123円-118円)×0.5万通貨

(正)・2.5万円=(123円-118円)×0.5万通貨


P193
■1行目
(誤)ヘッジトレードは38回成功(3500円×35回=12万2500円)。

(正)ヘッジトレードは35回成功(3500円×35回=12万2500円)。

■下から2行目
(誤)-44.38万円=(125.20円-118.86円)×7万通貨

(正)-44.38万円=(118.86円-125.20円)×7万通貨


P197
■下から3行目
(誤)-24.85万円(125.23円-118.18円)×7万通貨÷2

(正)-24.67万円118.18円-125.23円)×7万通貨÷2


P201
■下から5行目
(誤)30.8万円=25.2万円+複利益5.6万円

(正)30.8万円=トラップ益25.2万円+複利益5.6万円

ご質問がありましたので。

よろしければランキングクリックお願いします^^
にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ banner2.gif
トラップ運用EAのソース.更新日2016/03/08です。
書籍で紹介したソースのコンパイルやEA起動の仕方。
くるくるワイドを行なうにあたり、私のお勧め口座です。
書籍の誤り、補足説明、Q&Aになります。更新日2016/03/31

みなさま、本日もご訪問ありがとうございます^^

ご質問がございましたので、今日はそちらを。

Q:MT4で使えるツールを提供していますか?
A:トラップEAですが、各記事のヘッダにリンクを貼ってあります。よく読んでからご使用下さい。
トラップ運用EAのソース.更新日2016/03/08です。
また、サイドバーのカテゴリ、EAソースにも自分で使用している様なEAを少々載せています。

しかしながらパッケージ商品の無償提供とは受け取らないで下さい。
無償での公開はしていますが、あくまで勉強用のサンプルコードの公開と思って下さい。
それはメタトレーダー自体はバージョンアップを続けているのに対し、私のEAの方は自分で使うのに不都合がなければ更新などは行いませんし、バグや誤動作の保障、確実な対応などはしていないからです。
最低限の使用前提としてコードを一行一行追ってみて納得して自己責任でご使用ください。

…もっとも、こんな事を書くのは、私自身がコードの公開されていない内容の分からないEAを使うのに抵抗感のある性格なのもありますが(笑)


また、ころたさんから書籍のお礼のコメントを頂きました。
暖かいコメント大変ありがとうございます。

トレード歴2ヶ月と言う事であえてなにか言わせて頂くのなら、調子の良い事が続くほど気が大きくなるので気を付けて下さい。
私自身も最近は利益の範囲内と言う理由付けで100万円で7万通貨本体のくるくワイドを行っていますが、去年は20円の逆行をされ危うく破綻する寸前まで行きました。
一応は回復し成功を収めましたが、過去最安値を基準にしていれば焦りもしない運用だったところを、利益の範囲内を基準にしたため少々焦る事になりました。
自分でくるくるワイドに近い運用法を気付かれた、ころたさんには必要無い御忠告とは思いますが弱点の少ない運用法でも、気持ちが弱点になる事もありますので一応。


…そして現在、書籍にタイトル負けしていますが…書籍発売から1年半…そろそろ200%に行きそうです。

私のメイン運用環境
お名前.com【デスクトップクラウド】

お勧め条件 
XM(トラップ部分) ボーナス100%、10通貨単位(マイクロ口座)、少額で始める場合向き
SBIFX(ヘッジ、本体部分) 1通貨単位から運用可能で業界最狭クラスのスプレッド
お名前.com 設定が簡単 2週間無料お試し有り 24ヶ月払い月1781円~(一ヶ月払い2061円~)

固定ポジションを全決済。

3月10日の高値をそろそろ意識し固定ポジションを全決済し仮想建値化しました。

コメント返しと複利目安変更。

よろしければランキングクリックお願いします^^
にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ banner2.gif
トラップ運用EAのソース.更新日2016/03/08です。
書籍で紹介したソースのコンパイルやEA起動の仕方。
くるくるワイドを行なうにあたり、私のお勧め口座です。
書籍の誤り、補足説明、Q&Aになります。更新日2016/03/31

みなさま、本日もご訪問ありがとうございます^^

とりあえず一気にコメント返しさせて頂きましたが、返信数が多く、コメント欄でリンク先が見えなくなってしまいましたので、こちらに貼らせて頂きます。
名無しさんへのコメント返し
ショーンさんへのコメント返し
名無しさんへのコメント返し
名無しさんへのコメント返し
名無しさんへのコメント返
名無しさんへのコメント返し
名無しさんへのコメント返し

またヘッジの塩漬けも長くなって来ましたので、119円と116円に複利目安を変更いたしました。


らくらくFX お名前.com【デスクトップクラウド】

お勧め条件 
XM 本体7000通貨トラップ100通貨等の少額で始める場合向き
FXTF 資金が豊富な場合向き
お名前.com 設定が簡単 2週間無料お試し有り 24ヶ月払い月1781円~(一ヶ月払い2061円~)
当ブログタイアップ口座
FXブロードネット
絶賛発売中!
最近の記事
私の運用環境です。
MT4で自動売買
1000通貨口座、両建て可
ドル円0.3銭原則固定、例外有 らくらくFX

私のXM利用法と所感。

サーバー
設定簡単2年契約月1781円~ お名前.com【デスクトップクラウド】

手動取引
激狭スプレッド、1通貨単位!
ドル円用


1000通貨取引最高水準!
その他の通貨用
プログラムが苦手な方向け。
ドル円0.2、値幅定値


ドル円0.3銭(例外あり)
FXブロードネット
最近のトラックバック
リンク
メール(質問はコメント欄へ)

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

魚屋

Author:魚屋
FX歴11年目に突入しました。職業は魚屋です。
FXで心掛けていることは「儲けすぎるな」です。

最近のコメント
お得に口座開設、お買い物
ポイントサイトについて
(2015/10/01 0:00情報)
期間限定も多いので要確認。
逃しても再掲載も多いです。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
みんなdeポイントでポイントの上下があります。

M2J 17000円
DMMFX 15000円
インヴァスト証券 14000円

楽天、ニッセン、ハピタス堂書店なども私は利用しています。


期間限定!タイムセールでポイントの上下があります。

SBI FXトレード 15750円
外為ジャパンFX 14000円
みんなのFX 12600円

簡単に条件をまとめました。
カテゴリ
ランキングに参加しています。
よろしければランキングクリックお願いします^^
にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ
banner2.gif
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
フリーエリア